急遽20万円が必要になった場合はどうしますか?理由はどうであれ、お金が急に必要になる時はありますよね。2,000円ぐらいの金額なら誰かに言ってすぐに貸してくれそうですが、20万円となると中々の大金なんで貸してくれる人は少ないでしょうし、一般的に普段から財布に入れている金額でもないと思うので、そんな金額を今日中に借りるなんて厳しいと思ってしまいますね。そこでここでは20万円を今日中に借りるにはどうすれば良いのか?を中心に解説しています。今日中になるべく今すぐ20万円を借りたい人は参考にしてみて下さい。

今すぐ20万円借りるのにおすすめの金融業者

20万円を借りる多くの人が利用するカードローン!

20万円のみならずお金を借りるのによく利用されているのが消費者金融や銀行が出しているカードローン。このカードローンを利用して給料日まで20万円借りたい、ボーナス日までなど返すあてのある人にとってはとても便利なサービスになっています。また、20万円をいきなり返すのではなく、分割で収入の中から少しずつ毎月返す事も出来るので利用しやすくなっていますね。一般的には消費者金融か銀行の2択ですが、現実的に今日中で20万円を借りるとなると消費者金融が早く借りれる傾向があるのでおすすめです。銀行では土日の営業はやっていませんし、時間帯によっては申し込んでから審査回答が翌日になってしまうケースも多いです。消費者金融であれば申し込んでから審査回答までの時間が早いところが多くて今日中に20万円を融資するのに向いていると言えます。 また、消費者金融であれば土日や営業時間外でも無人の自動契約機を利用すればカードを受け取る事も出来ますし、実際に融資を受ける事も可能です。申し込んでから審査回答まで最短で30分以内といった消費者金融も多くて、これらを加味すると申し込みから借りるまでに最短で1時間以内で済ます事も可能と言えるでしょう!※状況や人によって審査回答までの時間にバラツキがあります

少しの返済額、金利を気にするなら銀行カードローンで20万円を借りる

実際に20万円を借りてはみたいけど毎月の返済額はどれぐらいになるのか?お金を借りたら金利で借りた後の生活がめちゃくちゃになるみたいなイメージがある人もいるかもしれません。しかし、返済における金利は金額にすればそれほど大したものではありません。消費者金融で20万円を借りる場合には金利が18%なので一カ月でかかる金利は3,000円ぐらいでしょう。 それに比べて銀行の金利は15%程度なので一カ月でかかる金利は2,000円ぐらいです。どちらもそれほど大差は感じませんが少しでも返済額を少なくしたい人には銀行カードローンがおすすめと言えますね。

20万円が必要だった時の体験談

私が20万円を今日中で必要だった時の話を少ししておきましょう。社会人になり慣れない仕事とハードな残業が続いた事もあり身も心もボロボロになってしまって退社を決意しました。 退社を決意するまでは次の仕事先が見つかっていなかったので中々退社は出来ませんでしが、お金をどうこうと言っていられない状況に体がなってしまったので親からも心配されて退社が出来ました。親には仕事を辞めた理由は知られていますが、なるべく心配をかけたくなかったのでお金を借りて仕事が見つかるまでの期間をそれでしのいでました。幸いにもすぐに仕事が見つかったので次の仕事先の給料日までのお金が必要なだけですみました。 また、幸いにも実家暮らしという事もあり生活費もそれほどいらなかったので20万円だけを借りるだけで済みました。 無職では銀行でも消費者金融でも借りれなかったのですぐに仕事が見つかって良かったです。

今すぐ20万円借りるのにおすすめの金融業者