現在複数の消費者金融へキャッシングカードローンの返済をしている方は損をしているかもしれません。

それはなぜかとまずは理由からですが複数で取引をしていると手数料がかかるし、返済日が各業者ごとに違うので返済日も忘れる元になったりしますね。

今までに忘れた経験がある方はなおさら早くなんとかしたいですね。

そこで、ここでおすすめするのは返済先を一本化出来るおまとめローンなんです!ここではそんなおまとめローンについてと意外にも勘違いしやすいことを解説していきます。

住宅ローン審査への影響とは?

おまとめローンを利用する多くの方は多重債務者といった返済に行き詰まりを感じたり、厳しいと感じるから利用するようです。

また、複数社からの借入をしている方が多いですが借入件数が少なくても大きい額を借入していて金利の返済でも精一杯で元金が減っていかないと感じる方もいるんですね。

借入件数が多くなる理由は様々ですが、まずは一社から借りてみて返済に回すお金がないからと別の業者から借入をする。そして二社目の返済に回すお金もなく、またまた別の業者からも借り入れるパターンをよく耳にします。

おまとめローンをするということは金利に行き詰まるパターンも多いようなので、金利が高めな消費者金融からの借入をしている場合が多いのではないでしょうか?

おまとめローンの鉄板として消費者金融から銀行へと移す事です。

銀行では消費者金融よりも低金利の傾向がありますし、金額が大きいほど金利も低くなるので返済金額の減額が期待出来ます。

おまとめローンの仕組みとしては消費者金融A社、消費者金融B社から借入をしているとすれば銀行C社から一旦借入をして消費者金融A社、消費者金融B社を完済させます。

そして残りの銀行C社への返済をしていくものです。「おまとめローン」と呼ばれるのが一般的ですが、「ローンの一本化」とも呼ばれたりもします。

借入先が一つになるのでおまとめとも言えるし、一本化とも言えますね。同じ意味なので覚えておきましょう!

おまとめローンをすれば得になる事が多いと思っている方もいるかもしれませんが、借入総額と一本化する先の金利との兼ね合いになるので反対に損をしてしまう事もあり得るので注意しておくと良いですね。

また、返済先がまとまることで管理は楽になり毎月の返済負担は減ったものの完済までの期間だけが伸びてトータル計算をすると損をしてしまう事もあります。結局はどこを優先させるかで人それぞれ変わってきますが、悩んでいる方は検討してみても良いですね。

カードローン審査よりも、おまとめローン審査は厳しめではあるので返済がきついと単純な理由だけで誰しもが利用出来るサービスではありませんが、現在悩んでいるのであれば現状としては何も変わらないので解決策の一つとして考えてみると良いでしょう!