お金が急遽必要になって消費者金融のカードローンを利用してお金を借りてみたい。でも住宅ローンを近いうちに組もうとしている、将来的に考えている方であれば審査に不利になったり、なんらかの影響があるとすれば利用するのを辞めようかと思いますよね。

ここでは消費者金融カードローンを利用すると住宅ローン審査に不利になるのか?影響する事があるのか?過去に利用した事がある場合はどうなの?といった事を中心に解説しています。

住宅ローン審査への影響とは?

はじめに結論として消費者金融を利用すると住宅ローン審査になんらかの影響はあると思って下さい。

しかし、消費者金融を利用していても住宅ローン審査に通る人もいれば通らない人も存在します。これには申し込む会社の審査基準や住宅ローンとして借入する金額、また消費者金融で借入している金額、あなたの職種、年収等で様々だからです。

審査に通る絶対の方法はありませんが、絶対に通らないとも言えません。(例外を除く)

不利になるケースはもちろんありますが、審査に通らない方の特徴としては年収に対して借入額が大きい事や借入件数が多い事などが挙げられます。

住宅ローンのみならず審査では返済能力があるのかどうかを見られるので、これらを考えていくと消費者金融でも銀行からでも借入している方よりも、していない方のほうが審査に有利なのは考えてみればお分かりかと思います。

信用情報に登録されているのかどうか

消費者金融を利用して、ある一定期間延滞してしまうと信用情報といった機関に登録されてしまい、ローン審査でその情報を見られると基本的に審査は通りません。

また、信用情報に一度でも登録されてしまうと数年間は履歴が残ってしまうのでその間はローンは通らなくなってしまいます。

普段当たり前のように利用しているクレジットカードが使えなくなったり、携帯電話やスマートフォンの分割購入が出来なくなったりするので不便になる可能性が十分にあります。

過去に消費者金融を利用して現在は完済しているが延滞した事がある方はどれぐらい経過しているのかを調べておきましょう。

もし、一定期間経過していて信用情報から外れている場合には審査が通ったりする事もあります。反対に現在利用中で延滞してしまった場合、審査には基本的に通らないと考えておきましょう。