お金を借りるのはよくないことだ、と幼い頃から教えられてきた人は、消費者金融でキャッシングをすることは悪いことだと考えている人が多いようです。お金を貸す仕事も銀行や消費者金融業者などそのタイプは様々です。銀行はイメージがいいのに、消費者金融はサラ金や闇金といった悪いイメージがあるのも不思議ですが、お金を借りることはデメリットばかりではなく、メリットもたくさんあるのだということをしっかりと押さえておきましょう。無借金で頑張っている人もいますが、お金があればチャンスをモノにできる場合があります。チャンスは一瞬、お金を借りるのはいつでも可能。だとしたら、上手にお金を借りるようにしてください。消費者金融業者でお金を借りるメリットといえば、銀行といった堅いところから借りるよりも圧倒的に早くお金を借りられることです。24時間受け付けは当たり前で即日審査、即日融資といった誰もが助かるニーズもしっかりと押さえています。知人や親に頭を下げることなく、簡単な手続きと簡単な審査のみで無担保、無保証人でお金を貸してくれるわけです。これも消費者金融業者に個人の貸付に関するしっかりとしたノウハウがあるから可能になっていることです。誰にでもたくさんのお金を貸すわけではありません。申し込みの受け付けも郵送、電話、ネット、自動契約機、消費者金融業者の窓口など、多様な個人のニーズに合わせてくれています。毎日の仕事が忙しいという人は、夜間にネットで誰にも知られずに申し込んで、ネットでの融資や返済を行うことができます。次にデメリットも見ておきます。いつでも借りられる、返済も自由、利用用途も問われないとなると、いい事ずくめに思えますが、金利が高くなります。住宅ローンの金利なら1%を切ることもありますが、キャッシングの金利は、15%や18%といった高金利です。これでも合法的な金利です。主婦の感覚からすると、こんな高金利でお金を借りてはいけないと思うはずです。キャッシングは、さっと借りて、さっと返すことがポイントになります。ダラダラ借りていると高金利でたくさんの利息を支払うことになります。だからこそ、必要以上に借りてはいけないということなのです。多重債務者や自己破産が増えたため、貸金業者には総量規制があります。消費者金融などの貸金業者は年収の3分の1以上の貸付はできないようになっています。