キャッシングやカードローンといった消費者金融を利用する人は、お金に困っている人です。富裕層はお金を持っている人ですので、キャッシングやカードローンはあまり必要ありません。消費者金融というぐらいですから、一般に働いている人向けに設定された個人ローンだと考えてください。東証一部上場企業のサラリーマンなら低い金利でキャッシングができますし、審査も楽に通ります。これも勤務している会社に信用力があるということになります。加えて借りる本人の返済能力もあると認められた、ということになります。ところが、無収入のニートや無職の専業主婦、学生といった人たちは、消費者金融の審査に通るのでしょうか?消費者金融業者は貸金業者です。近年、貸金業法が改正され総量規制といった規制がかかるようになりました。総量規制とは、前年度の年収の3分の1以上の貸し付けをしてはいけない、という貸金業者に対する規制です。借りる人に罰則がないのは、貸す側にも問題があるからとも考えられます。お金を貸さなければ、自己破産といった悲劇も早めに対処できます。こうして考えると、全くの無収入だった場合には、専業主婦や学生ではお金を借りることができないということになってしまいます。例外的に昔はバリバリ働いていたけれど、出産や育児で仕事からは遠ざかっていて、仕事をしていたときに取りあえず作ったキャッシングカードがある、こんな人は、そのまま継続して使うことができます。同じように働いていて仕方なくニートになってしまった人も収入があるうちにカードローンやキャッシングの申し込みをしておけば、継続して利用することができます。消費者金融ではありませんが、銀行が発行しているカードローンは、貸金業法の対象外で正確にいえば、銀行法に基づいて貸し付けを行っています。同じようにお金を貸している業者ですが、法律が違うと審査の基準も全く違ってきます。銀行法に基づく銀行のカードローンは、総量規制とは無関係です。ですから、主婦や学生でも銀行カードローンに申し込んでみれば、審査に通ることがあります。利用限度額は総量規制を考えるとそれ以下になることは間違いありませんが、少しのお金でも借りたいと思っている人にとってはとてもありがたいことです。できれば、アルバイトやパートなど、無理のない範囲内で稼いで、確定申告などをきっちりと行い、収入があるという実績を作っておいたほうが確実です。