お金の悩みは誰にも相談したくないですし、親にも言いたくないことです。誰かにお金を借りようと思ったら、電話やメールをしたり、会って話をするなど、言い訳にも近い説明をしなければなりません。そして、お金のない人だと軽蔑されてしまいます。フリーターで収入証明書を出してもらっても、借りようとしている金額よりも少ない年収だった、とショックを受けてしまうこともあります。そんな場合でもすぐに諦める必要はなく、収入証明書が不要のキャッシング業者や来店不要のキャッシング業者を探すしかありません。しかし、探せば必ずありますし、条件付きなら貸し出す消費者金融業者もありますので、根気よく探すようにしてください。キャッシングの申し込み時に収入証明書が必要な理由は、貸金業法が改正されたことにより、年収を証明するための書類の提出が義務化されたことからきています。収入証明書は、勤務先も発行しますし、役所でも有料で証明書を発行しています。源泉徴収票でも全く問題ありません。ところが、この収入証明書が必要ない場合もあります。それは、借り入れを希望する金額が少ないときです。具体的には利用限度額が50万円以下のときです。1社当たり50万円以下ですので、キャッシングやカードローンが初めての申し込みだったとすると、50万円以下なら収入証明書が必要ないということです。自己申告の収入金額でもすんなりと審査が通ります。ただ、他社からの借り入れがあるケースでは、消費者金融業者も貸し出しには慎重になります。他社からの借り入れの合計額が100万円以下の場合に限って収入証明書が不要になっています。他のキャッシングを利用していて、利用額が100万円を超えているなら収入証明書を提出することになります。これで収入証明書が不要の条件がわかりましたが、次に来店不要の消費者金融業者というと、ネットやスマホで全て手続きが完結するキャッシングサービスです。来店不要はたいていの消費者金融業者で行っていますが、勤務先への電話確認や郵便物もなく、カードも不要で、大手の消費者金融業者ならスマートフォンからの申し込み手続きにも対応しているWEB完結可能な業者がおすすめです。 実績のある大手の消費者金融業者であれば、初めてでも安心してご利用できます。